彼女とラブホテルに入った。

見放題プランが人気です!!

人気14サイト2万本以上のストリーミングサービスが見放題。 AV女優・素人・外国人・熟女・マニアックまで、全ジャンルを網羅しています。

彼女とラブホテルに入った。

受付を済ませて彼女の肩を自分の方に抱き寄せ、

 

エレベーターでは互いに目を見つめ合いながら無言のアイコンタクト。

 

部屋に入るなり彼女の体をやや強引に自分の方に手繰り寄せ、

 

ねっとりキス。

 

勢いで互いの歯が当たってしまったが、そんな事はもうどうでもいい。

 

そしてディープキス。

 

彼女の舌を自分の舌と上唇で何度も挟み込み、息苦しくなる程キスを貪る。

 

そしてそのままキスをしながら彼女を抱き抱えてベットまで抱き運び、

 

彼女のコートからパンティーまで優しく脱がしていく。

 

そして自分も急いで服を脱ぐ。

 

その後自分の左腕を彼女の首下に回して左おっぱいを左手で掴み、

 

自分の右手は彼女の花園の中に入れ、そしてまたキスを貪る。

 

自分は彼女の綺麗な髪の匂いを嗅ぐのも好きなので、

 

彼女の頭頂部の分け目に鼻を押し当てながら匂いも堪能する。

 

彼女の花園がグチョグチョに濡れてきた頃合いで彼女かが囁く。

 

『来て。。』それが合図だ。

 

先ずは正常位で挿入しておっぱいを軽くしゃぶり、

 

そしてキスをしながら彼女を抱き起こして座位の体勢になる。

 

左手で彼女の長い髪を掴みまとめ、

 

右手は彼女のお尻を支えてキスをしたり、

 

彼女に頭をもたげてもらって頭頂部の分け目に自分の鼻を押し当てたりする。

 

そして頃合いを見てまたキスをしながら正常位に戻り、

 

互いにゆっくりと腰を振る。自分のイチモツが発射直前に肥大化する時、

 

彼女はいつも『ん。。』と悶えた囁きをする。

 

その刹那、自分の中からエネルギーが彼女の中へと吸い取られ、

 

自分は悟りの境地に入る。

 

彼女は事が果てて力尽きた自分に対して下からこう囁く。

 

『ありがとう。。』こちらこそ、いつもありがとうございます。

 

出会いの穴場はココ!!

 


メインページ